金型アルミ加工に関する情報に詳しくなろう~ガンガン製造アルミ術~

金属

様々な加工技術

金属

鋼管の種類や歴史など

金型アルミ加工や鋼管の製造方法の種類は様々である。 まずは電縫鋼管と呼ばれるものがあるが、これは円形に引き出した鋼の板を接合時に電流を流すことで、高温になった接合部を溶接して管にしたものである。 他には鍛接鋼管というものがあり、これは鋼板の両端に酸素を用いて高温にして接合するという方法である。 このほかにもシームレス鋼管やアーク溶接鋼管といったものなども存在する。 鋼管は配管に使用するためのものや、構造用配管と言って建築用の資材や機械の部品に使用するためのものなど用途に合わせていくつかの種類があって、一口に鋼管と言っても様々なのである。 これらの鋼管の製造は産業革命以降多くの先進国などで行われてきたという歴史がある。

その製造技術や重要性などについて

日本を含めた先進国の産業界に欠かせないといっても過言ではない鋼管であるが、上記で述べたようにその製造方法や種類など様々である。 製造方法や種類はこれから先も技術の進歩によって、画期的で新しいものが誕生することが予想できる。 そういったものを生み出す、職人や技術者の向上心や探求心といった情熱がある限り産業界の衰退はないし、それどころかさらなる発展が期待できるだろう。 兎にも角にも鋼管は製造機械などや建築資材などに利用されていて、すなわち我々の生活にはなくてはならないものであり、それなくしてはすべての製造業や建築業は成り立ってこなかったように思われる。 そのように考えると我々の生活は技術者や職人あってこそであり、感謝せざるえないだろう。

鉄鋼の需要

配管

工事などの現場では作業を進めていく中で様々なもの使用されていきます。その中の一つに鉄鋼製品の一つである鋼管があります。工事現場ではこの鋼管の需要が高くなってきているのです。

省エネの重要性

作業員

最近は環境への影響やあらゆるコスト削減に向けて省エネ化が頻繁に行なわれています。エンジンなども省エネ化に向けてホー二ング加工がされるようになってきているのです。

高精度の加工

作業員

様々な仕様用途があるステンレスやアルミニウムなどの銅材は、実用化する前に高精度な加工を施す必要があるのです。その加工技術がホーニング加工と言い、現在注目を集めています。